膠芽腫(GBM)の治療機器
日本 本ウェブサイトは日本国内の閲覧者を対象にしています。

5年間の臨床エビデンスにおけるテモゾロミド単独治療に対する
オプチューン+テモゾロミド併用治療の長期生存率の有意差1

OS中央値が約5カ月有意に延長(P<0.001)1

OSが有意に延長

オプチューン+テモゾロミド併用治療群はテモゾロミド単独治療群に比べPFSも有意に改善1

• PFS中央値:6.7カ月 vs 4.0カ月 (P<0.001)

オプチューン+テモゾロミド併用治療群の有意性は中間解析結果から一貫して示されています1

• OS中央値【中間解析結果】:20.5カ月 vs 15.6カ月 (P=0.004)3
• PFS中央値【中間解析結果】:7.2カ月 vs 4.0カ月 (P=0.001)3

1から5年生存率において、オプチューン+テモゾロミド併用治療群の方が持続して有意に高い生存率を示しています1,2


1~5年生存率において、オプチューン+テモゾロミド併用治療群の方が持続して有意に高い生存率

1年よりも2から5年生存率におけるオプチューン+テモゾロミド併用治療群の有意差が大きいことをP値が示しています。

オプチューン+テモゾロミド併用治療群の5年生存率はテモゾロミド単独治療群の2.5倍

サブグループ解析の結果、すべてのグループにおいてオプチューン+テモゾロミド併用治療群のOSが有意に延長していました。


MGMTメチル化
摘出量
年齢
KPS
性別
CI=信頼区間、HR=ハザード比、ITT=intent to treat、PP=per protocol、OS=全生存期間、PFS=無増悪生存期間、PFS6=6カ月無増悪生存率
References: 1. Stupp R, Taillibert S, Kanner A, et al. Effect of tumor-treating fields plus maintenance temozolomide vs maintenance temozolomide alone on survival in patients with glioblastoma: a randomized clinical trial. JAMA. 2017;318(23):2306­-2316. 2. Stupp R, Idbaih A, Steinberg DM, et al. Prospective, multi-center phase III trial of tumor treating fields together with temozolomide compared to temozolomide alone in newly diagnosed glioblastoma. Presented at: 2017 Annual Meeting of the American Association for Cancer Research; April 1-5, 2017; Washington, DC. Oral presentation LBA AACR CT007. 3. Optune Instructions For Use. Novocure 2016. 4. Stupp R, Taillibert S, Kanner AA, et al. Maintenance therapy with tumor-treating fields plus temozolomide vs temozolomide alone for glioblastoma: a randomized clinical trial. JAMA. 2015;314(23):25-35­-2543. 5. Stupp R, Mason WP, van den Bent MJ, et al. Radiotherapy plus concomitant and adjuvant temozolomide for glioblastoma. N Engl J Med. 2005;352:987­-996




オプチューン®はノボキュアリミテッドの登録商標です。
©2018 Novocure. All rights reserved.
Optune, nCompass, NovoTAL, and Novocure are
trademarks of Novocure.

Top