日本 本ウェブサイトは日本国内の閲覧者を対象にしています。

再発膠芽腫

膠芽腫は治療を行っても再発することがあります。初発膠芽腫の治療を終えた後に再発した場合、「再発膠芽腫」と呼ばれます。

膠芽腫はなぜ再発するのか?

手術や放射線治療、化学療法が行われた時点で、腫瘍のほとんどが摘出または破壊されています。しかし、部位によっては腫瘍をすべて取り除くことが難しく、その残ったがん細胞が大きくなったり、摘出した腫瘍周辺に浸潤して再発します。

再発膠芽腫の治療

再発膠芽腫には確立された標準治療がまだありません。再発の回数や進行に応じて治療法が選択されます。

  • 手術―腫瘍が手術で取り除ける部位にある場合は、可能な限り腫瘍を摘出する。

  • 放射線治療―高エネルギーのX線、ガンマ線または陽子線を頭部に当て、腫瘍細胞を破壊する。

  • 化学療法―追加の抗がん剤投与でがん細胞を破壊する。

  • 血管新生阻害薬―がん細胞に栄養を供給する血液の成長を抑制し腫瘍を餓死させる。

  • 腫瘍治療電場療法―低強度の交流電場を脳内に発生させ、がん細胞の増殖を阻害する治療法です。日本では保険適用外です。

監修:埼玉医科大学 名誉教授 松谷 雅生先生




オプチューン®はノボキュアリミテッドの登録商標です。
©2018 Novocure. All rights reserved.
Optune, nCompass, NovoTAL, and Novocure are
trademarks of Novocure.

Top