ニュース

高温多湿の時期におけるアレイの取り扱いについて

梅雨や夏場など、気温と湿度が高くなる時期のオプチューン治療中に、以下のような事象が発生しやすくなります。患者様及び患者様の治療をサポートいただいている皆様におきましては、添付文書、取扱説明書の記載に基づき、以下についてご留意いただきたくご案内申し上げます。

【高温多湿環境下において起こりえる事象】

頭部や機器本体の温度が上昇しやすくなり、41℃を超えるとアラームがなります。
汗でアレイの粘着力が低下すると頭部に密着しにくくなり、アレイが剥離するとアラームが鳴ります。
アレイのディスクを被覆しているジェルが熱と湿気で溶けることがあります。

【事象が発生した場合の対処方法】

  • 温度が上昇しアラームがなった場合。
    ➜一度電源を切って涼しい場所で温度が低下するのをお待ちください。
    (治療中はアレイのディスクの温度センサーが41℃を超えるとアレイを接続している本体の電源が自動的に切れるよう設計が施されています。)
  • 汗で粘着力が低下し、アレイが剥離してアラームがなった場合。
    ➜治療を中断し、テープなどでアレイを頭皮に密着させ治療を再開してください。
    ➜お手持ちのアレイに余裕があれば、アレイを交換して治療を再開してください。
  • ジェルが溶けた場合。
    ➜アレイを交換してください。
    (ジェルが溶けることでアレイのディスクの密着性が低下しアラームがなったり、ディスクが直接頭皮に接触することで頭皮にダメージが生じることがあります。)

【事前の予防策】

あまり汗をかかないように、できるだけ涼しい場所でお過ごしください。
日傘や帽子などで直射日光を避けてください。
黒や紺等の色の帽子は熱を吸収しやすいので避けることをお勧めします。
首元、腋窩(ワキ)などを冷やして体温の調整を試みてください。
就寝時の枕は通気性の良いものを使用することをお勧めします。

【その他の注意事項】

取扱説明書に従って使用してください。
氷枕や濡れタオルなどでアレイ及び機器等を濡らさないでください。
保険診療で1ヶ月に発注できるアレイの枚数に制限があります。枚数内で治療をご継続いただくためにはアレイの交換のタイミングを調整する必要があります。
※対処方法、予防策などは一般的な内容ですので、お試しいただければ幸甚です。

その他、製品の取り扱いに関するお問い合わせはコンタクトシートに記載の連絡先へご連絡いただきますようお願い申し上げます。

コンタクトシート記載の連絡先
ノボキュア株式会社
平日9時~17時30分 電話:03-5224-5088
夜間17時30分~翌朝9時 / 土日・祝日 電話:03-4500-7515